Stray Kids×J.Y. Park スペシャル対談が実現!「(Stray Kidsに)全てを懸ける、という意味のALL INという言葉が本人たちの口から出てきたことが感動的だった」

今年3月に待望の日本デビューを果たし、6月にリリースしたJAPAN 1st Single 『TOP -Japanese ver.-』が、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。同じく6月に韓国でリリースされた「God‘s Menu」のMVは、YouTube1億回再生を突破。9月に韓国でリリースされたアルバム『IN LIFE』では、アメリカ、オーストラリア、ロシアなど海外23の国と地域のiTunesアルバムチャートで1位を獲得するなど、日本のみならず全世界から注目を集めるStray Kids(読み:ストレイキッズ)が、ついにJAPAN 1st Mini Album 『ALL IN』を11月4日(水)に発売した。


今作のリード曲「ALL IN」は、世界的プロデューサーであるJ.Y. Park氏とStray Kidsのメンバーによる共同プロデュース曲となっていることから、今回、J.Y. Park氏とStray Kidsとのスペシャル対談が実現。


スペシャル対談では、Stray Kidsの特殊なグループの成り立ちや、共同プロデュース曲「ALL IN」がどのようにして制作されたのかなどのエピソードの他、J.Y. Park氏は「Stray Kidsは、自分たちで自分たちをプロデュースできる、他のグループにはない魅力を持ったアーティスト。より成長して、ますますカッコイイグループになることを期待している。」と絶賛。


さらに、今作「ALL IN」の歌詞についても、「昨今のK-POPアーティストは、自分の中の色々なものを犠牲しながらアーティスト活動に全てを懸けなければならない状況の中、まさに“(グループの活動に)全てを懸ける”という意味のALL INという言葉が、本人たちの口から出てきたことが感動的だった。」と評価した。


Stray Kidsのリーダー・バンチャンも「僕達Stray Kidsはさらに成長して、皆さんにカッコ良い姿をお見せできるよう頑張ります!」と期待に応えるべく、強く意気込みを表明。スペシャル対談の映像は、11月6日(金)22時~ABEMA「SPECIAL2チャンネル」にていち早く配信されるとのこと。是非チェックしてほしい!


「ALL IN」は、音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」にて、リアルタイムランキング1位、週間ランキング2位を獲得(10月21日~27日付)。MVは、10月20日(火)21時に公開され、日本オリジナル曲ながら、YouTubeプレミア公開にて6万人以上が同時視聴。さらに、公開からわずか7時間で100万回再生を突破、7日間で500万回再生を突破し、大きく話題となっている。

Stray Kids×J.Y. Parkスペシャル対談


◆Stray Kidsの成り立ちを教えてください。

J.Y. Park:デビューまでの過程を、全く新しい方法で実施しました。本来アーティストやグループをデビューさせる時、会社が緻密に企画し、そこに合うメンバーを組合せてグループを作りますがStray Kidsでは初めて、長い間デビューのために準備をしてきたバンチャンというリーダーがいたので、バンチャンにグループの構成、メンバーの選抜など全てを任せました。SNSや多様なメディアの発達により、ファンたちとアーティストの距離が近づいています。ファンたちはすぐに(本質を)見抜いてしまうので、ファンたちに何かを繕ったものでは、もう伝わらないと思いました。本当にチームワークが優れ、本気で仲間を大切にし、愛し、本気で努力して実力を育てていく、そんなグループを作ったら、時間が経つにつれ、それらがちゃんと伝わると考えました。


◆J.Y. Parkさんに言われた言葉で印象に残っている言葉はありますか?

チャンビン:僕はJ.Y. Parkさんの言葉で、今でも心に刻んでいる言葉は、「面白いものが浮かばなければ、作業室(制作スタジオ)に入るな」という言葉です。それからは、何も浮かばない時は作業室に一切近寄りません。むしろその時間に違うことや、もっと良い経験した方が自分の為になります。その言葉が、楽曲制作をする際にとても役に立っています。

アイエン:いつもお世話になっている周りの人たちを大切にしなさい」という言葉が一番記憶に残っています。

ヒョンジン:本当に衝撃を受けた言葉は、「自分がコントロールできない立場に陥った時が、一番不安になる」とおっしゃったことです。考えてみたら、僕がやりたい事をできない時や周りをコントロールできず、他人にやらされてると感じた時が、確かに一番不安になっていたんです。不安になってしまう原因が分かったので、それを避ける方法を学ぶことができました。

スンミン:チームワークのことで悩んでいた頃、J.Y. Parkさんがおっしゃっていた「チームとして一瞬で輝くより、長く続けることが大切だ」という言葉を今でも心に刻み、歌やダンスに励んでいます。

リノ:僕もスンミンと同じ言葉が記憶に残っていますが、ほかに残っている言葉なら僕は、Stray Kidsのサバイバル・オーディション番組の時、「ミンホ(リノの本名)、前に出なさい(※脱落メンバーに選ばれてしまった時のJ.Y. Parkさんの言葉)」が一番印象深いし、未だに記憶に残っています。(笑)

フィリックス:印象深かった瞬間は、僕たちは3年間頑張って音楽活動をしてきましたが、辛い時や、ストレスが溜まっている時、疲れているときに、J.Y. Parkさんに「君たち本当に頑張っているし、自分たちのペースをしっかり保ちつつも、本当によくやってる」と褒めて頂きました。元気が出ましたし、さらに高い目標を立てよう誓いました。

ハン:J.Y. Parkさんがよくおっしゃる言葉ですが「この世に嘘はない」という言葉です。この言葉を聞くと、僕が向き合っていることへの責任感が増し、何をするにも「誠実」になろうと努力するようになりました。

バンチャン:僕とJ.Y. Parkさんは英語でも会話するのですが、短くてインパクトのあった言葉が「Chan(バンチャンの名前), Just relax」です。音楽活動をしたり、楽曲制作をしたり、悩みごとが増えるとJ.Y. Parkさんの声が聞こえます、「Relax」と。すると、肩の力を抜かなきゃ!と思えるので、その言葉が心に残っています。


◆サバイバル・オーディション番組から誕生したStray Kids、昔と今と比べて、どんなところが成長したと思いますか?

J.Y. Park:Stray Kidsはデビュー後も、サバイバル・オーディション番組の時のように「これでいいのだろうか」「これであっているのだろうか」という苦悩や、楽しもうとはするが、楽しみきれていない時もあったと思いますが、「God’s Menu」や「Back Door」を発表した頃から、彼らの姿に心の余裕が感じられたので、(その時から)もう会社と協議しながら(方向性を)決めるのではなく、君たちに全てを任せていいと思いました。自分たちが考えたコンセプトでステージに立つことで表情、歌、ダンス、ラップ、カメラへの視線など、まるで見違えるほど変わりました。一番の変化は「God’s Menu」を発表した頃だと思います。


◆J.Y. Parkさんが思う、Stray Kidsの強みや他のグループにはない魅力はどこですか?

J.Y. Park:Stray Kidsの魅力は、役割分担がしっかりしていることです。特に作詞作曲を一人ではなく3RACHAのバンチャン、チャンビン、ハンの3人で共に音楽を作る能力に優れています。他のメンバーもそれぞれの役割であるパフォーマンスや、一人一人がチームの役に立てるよう言語を勉強するなど、以前、(Stray Kidsは)1つの体のように見えると言いましたが、体の中で各臓器がそれぞれの役割を果たすことで成長するようです。そういう所がStray Kidsの他にはない魅力です。


◆「ALL IN」はJ.Y. Parkさんとメンバーでコライトした曲だと伺っています。日本のオリジナル曲を一緒につくるのは初ですよね?この曲はどのように制作が始まったのでしょうか?

J.Y. Park:(最初は)とても慎重でした。なぜならメンバーたちで作った「God’s Menu」(前々作)と「Back Door」(前作)がすごく良かったので、僕が入ってしまうことで、今の良い化学反応が起きている状態に、変な影響を与えてしまうのではないかと心配していました。でも、この今のStray Kidsには壮大な曲が一つあればいいなと思ったんです。彼らには内緒で、一人でこっそりと楽曲のトラックを作り、何度も修正しました。なぜなら彼らに初めて聞かせたときに、強いインパクトを与えたくて。何度も修正し、ある程度できたところで、メンバーに聞いてもらって、顔色を伺いました。なぜなら、少し気に入らなくても、僕の前では断りづらいじゃないですか。でも、決して演技ではない様子で彼らが気に入ってくれて、本当に嬉しかったし、 「なら(楽曲データを)送ろうか?」とメンバーに聞いて、そのまますぐ10分以内に曲を送りました。メンバーの気が変わらないうちに(笑)。メッセンジャーですぐ送り、そこから彼らが歌詞を書きはじめ数日後に送ってくれました。


◆「ALL IN」の歌詞の込めたメッセージは?

チャンビン:「STOPの検索結果がありません」というフレーズは、僕たちを止める言葉は、僕の辞書にないという想いを表現しました。それほど(音楽活動に)全てを懸ける準備が出来ているし、その自信もある、その意気込みを見せたかったんです。曲のビートと壮大なトラックに合わせて歌詞に想いを込め、僕たちの自信と熱意をお見せしたかったです。


◆レコーディング時にこだわったことは?

ヒョンジン:曲がすごくパワフルなので、ラップを歌うときは僕の声帯を「ALL IN」する(全てを懸ける)くらい、強めにレコーディングしました。以前、デビュー当時は喉を酷使してラップをしていたのですが、今回、日本では初のミニアルバムということもあり、そんな当時の初心を思い出しながら、今日燃え尽きよう、という気持ちで、強めにレコーディングしました。


◆今回、ダンスやパフォーマンスで気を付けたことや魅力的なポイントはあありますか?

リノ:曲を視覚的に表現するのがパフォーマンスだと思っています。曲が本当に良いので、曲の良さを視覚的に生かせるかどうか不安でしたが、振付は、歌詞のことを上手く表現していて素晴らしく、(冒頭イントロの部分では)ハンが(メンバーの上に)登ってダンスするシーンや、メンバーのブリッジをくぐって僕がジャンプするシーンなど、所々珍しいパフォーマンスもたくさんあるので、そういった部分をポイントとして見て頂けると嬉しいです。


◆J.Y. Parkさんは、どこが一番お気に入りですか?

J.Y. Park:僕は歌詞を書いてませんが、彼らが自ら「ALL IN」というタイトル、コンセプトを決めたことが気に入っています。昨今、K-POPで活躍する全てのアーティストは、多くのことを諦めなければなりません。アイドル活動をするということは、家族や親友と楽しく遊んだり、自由に旅行したり、ということを、ほとんど諦めなければいけないほど、多忙なスケジュールをこなしますが、それは誰かにやらされて出来るものではありません。誰かにやらされるのでは限界があります。なぜならすごく大変だから。結論は、自分がそれだけのことを犠牲にできるか、自分の夢が他を犠牲にするほど明確で、自分の意志でそれらを犠牲にしてでも前に進むか、誰かにやらされてやるのかでは、とても大きな差があります。「ALL IN」という言葉自体が、自分はこれに全てを賭けるという意味なので、逆に言えば他を犠牲にするということです。そんな言葉が本人たちの口から出たことが、すごく感動的でした。


◆対談を終えて

バンチャン:今日は、J.Y. Parkさんとの対談という機会をありがとうございました!僕達Stray Kidsはさらに成長して、皆さんにカッコ良い姿をお見せできるよう頑張ります!

J.Y. Park:お疲れ様でした。Stray Kidsは、自分たちで自分たちをプロデュースできる、他のグループにはない魅力を持ったグループだと思います。より成長して、ますますカッコイイグループになることを期待しています!



■JAPAN 1st Mini Album『ALL IN』配信:https://straykids.lnk.to/rZ0zhbXS

■「ALL IN」Music Video:https://youtu.be/ySxIjeCScgY  

■「神メニュー -Japanese ver.-」MV:https://youtu.be/ReaVFJt1Pjc 

■Stray Kids Official Site: https://www.straykidsjapan.com

■Stray Kids JAPAN 1st Mini Album『ALL IN』

特設サイト:https://www.straykidsjapan.com/allin/ 


■Twitter:Japan Official Twitter: https://twitter.com/stray_kids_jp 

■Instagram:Japan Official Instagram

https://www.instagram.com/straykids_official_jp/

■TikTok:Japan Official

ユーザー名:Straykids_japan

URL: https://vt.tiktok.com/F4qoH8/ 

■Stray Kids Official YouTube:

https://www.youtube.com/channel/UCXhj2pPWvONXmvgHX5wllCA 

■Stray Kids Official FANCLUB::

https://skz-stayjapan.com/s/n104/page/about_main


■JAPAN 1st Mini Album商品概要

2020年11月4日(水) Release

Stray Kids JAPAN 1st Mini Album『ALL IN』

<初回生産限定盤A(CD+DVD)> ¥3,400

*32P PHOTO BOOK (Type A)

*オリジナルジャケット・トールケースサイズデジパック仕様

*シリアルナンバー2口封入

*フォトカードA封入 (メンバー別8種ランダム)

*DVD収録内容

・Jacket Shooting Making Movie

・「ALL IN」 Music Video Making Movie (Relay Cam ver.)

<初回生産限定盤B(CD+DVD)> ¥3,400

*32P PHOTO BOOK (Type B)

*オリジナルジャケット・トールケースサイズデジパック仕様

*シリアルナンバー2口封入

*フォトカードB封入 (メンバー別8種ランダム)

*DVD収録内容

・「神メニュー -Japanese ver.-」 Music Video

・「神メニュー -Japanese ver.-」Music Video Making Movie

・「TOP -Japanese ver.-」Music Video

・「TOP -Japanese ver.-」Music Video Making Movie

<初回生産限定盤C(CD+スペシャルZINE)> ¥3,200

*20P PHOTO BOOK (Type C)

*オリジナルジャケット・トールケースサイズデジパック仕様

*シリアルナンバー2口封入

*フォトカードC封入 (メンバー別8種ランダム)

*スペシャルZINE (メンバー手書きメッセージ付)

<通常盤(CD only) > ¥2,500

*シリアルナンバー1口封入

*フォトカードD封入 (メンバー別8種ランダム)

▼JAPAN 1st Mini Album『ALL IN』封入のシリアルナンバー応募特典が決定!

初回生産限定盤A(ESCL-5460~5461)、初回生産限定盤B(ESCL-5462~5463)、初回生産限定盤C(ESCL-5464~5465)、通常盤(初回仕様)(ESCL-5466)に封入されているシリアルナンバーで、『ALL IN』発売記念購入者限定オンラインイベントにて実施される「Online Talk Show」・「メンバー個別オンラインハイタッチ会」・「メンバー個別オンラインサイン会」および郵送でのプレゼントとなる「スペシャルプレゼントA(メンバー直筆サイン入りポスター)」、「スペシャルプレゼントB(JK写撮影時使用アイテム(メンバー直筆サイン入り)」のいずれかにご応募いただけます。

※シリアルナンバーは、初回生産限定盤A・B・Cには2口、通常盤(初回仕様)には1口封入されます。

【応募期間】2020年11月2日(月)10:00~2020年11月15日(日)23:59まで

【応募特典】

<シリアルナンバー応募対象オンラインイベント>

●Online Talk Show 応募者全員ご参加いただけます。

※イベント実施日程は決定次第、オフィシャルサイトにて発表いたします。

●メンバー個別オンラインハイタッチ会 2400名様(各メンバー300名様ずつ)

※ご希望のメンバーを選んでご応募いただけます。

※イベント実施日程は決定次第、オフィシャルサイトにて発表いたします。

●メンバー個別オンラインサイン会 160名様(各メンバー20名様ずつ)

※ご希望のメンバーを選んでご応募いただけます。

※サインはこちらで用意した色紙へさせていただきます。

※イベント実施日程は決定次第、オフィシャルサイトにて発表いたします。

<シリアルナンバー応募対象スペシャルプレゼント>

●スペシャルプレゼント

A.メンバー直筆サイン入りポスター 100名様

B.ジャケット写真撮影時使用アイテム(メンバー直筆サイン入り) 30名様

※1つのシリアルナンバー(13桁)に対して1回のご応募になります。

※抽選結果は応募受付後、即時に表示いたしますので、ご確認ください。落選の場合は別のシリアルナンバーにて再度ご応募いただくことができます。

※一度使用されたシリアルナンバーで、その他のイベントまたはプレゼントにご応募いただくことはできません。

※応募は、先着順ではありません。また、応募開始時と締め切り直前はアクセスが集中いたしますので余裕をもったご応募にご協力お願いいたします。アクセスができずご応募いただけない場合、お問い合わせをいただきましてもご対応はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

※ご応募が完了すると同時に当落メールが届きます。ご当選された方には、後日オンラインイベントのご案内メールを配信いたしますので、そちらの案内に従ってください。抽選結果のお問い合わせには一切対応いたしかねます。

※各イベントごとの参加方法に関しては、ご当選者様のみにお伝えいたします。

※当選されたメール・当選権利はご本人のみ有効です。メール・当選権利の譲渡・転売(ネットオークションへの出品等も含む)、及びそれを試みる行為は違反となります。転売されたメール・当選権利は無効となり、ご参加をお断りいたしますので、予めご了承ください。

※ご当選者様同士での当選メンバーの交換などは違反となります。発見した場合、当選権利は無効とさせていただきます。

※荒天等によりアーティスト参加が危険と判断された場合や会場の設備故障や天災など不可抗力の事由により、実施不可能と判断された場合は、イベントを中止・中断・変更いたします。その場合でもご購入いただいた商品の払い戻し等は、一切行いませんので予めご了承ください。

※予告なくメンバーの変更等が発生する場合がございます。その場合でも払い戻し等は行いませんので予めご了承ください。

※その他詳細は後日Stray Kidsオフィシャルウェブサイトhttps://www.straykidsjapan.com/にて発表いたします。

▼購入者特典

そして、Japan 1st Mini Album購入者特典も決定!!

店舗別の特典となりますので、お早めにご予約ください!!

※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。

※下記店舗以外での配布はございません。ご了承ください。

※特典絵柄・応援店対象店舗は追ってご案内いたします。

※各オンラインショップに関して、カートが上がるまで時間がかかる場合がございますので、予めご了承ください。

【対象店舗/特典内容】

■Stray Kids応援店特典・・・Stray Kidsオリジナルマスクケース

https://www.straykidsjapan.com/shoplist/201104/

■TOWER RECORDS全店(TOWERmini/オンライン含む)・・・オリジナルクリアカード(各メンバー絵柄全8種の内、1枚をランダムにてお渡し)

■Amazon.co.jp・・・メガジャケ

■Sony Music Shopにて全4形態をまとめてご購入いただいた方に<LIMITED PACKAGE>をプレゼント!

▼ご予約はコチラ

【初回生産限定盤A】

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005460&cid=os-ESCL000005460

【初回生産限定盤B】

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005462&cid=os-ESCL000005462

【初回生産限定盤C】

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005464&cid=os-ESCL000005464

【通常盤初回仕様】

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005466&cid=os-ESCL000005466

【全4形態をまとめてご購入】(<LIMITED PACKAGE>付き)

https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=MATO000001721&cid=os-MATO000001721

※Stray Kids応援店特典<Stray Kidsオリジナルマスクケース>は対象外となりますので、予めご了承ください。


KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!