東方神起ユンホ、時短要請中に時間外に飲食店を利用し警察が調査

東方神起のユンホが、韓国首都圏でのソーシャルディスタンス2段階に応じた営業時間外に食事をしたとして、
警察の調査を受けたことがわかった。

9日、ユンホの所属事務所であるSMエンターテイメントは公式に「新型コロナウイルス感染症により、多くの方々が大変な状況に心配をおかけし、誠に申し訳ありません。ユンホは最近、江南(カンナム)のある飲食店で知人3人に会って会話をした際、制限中で営業時間を過ぎてしまったため調査を受けました」と謝罪した。続いて「ユンホは一瞬の油断により、多くの方々に失望感を与えてしまった点、深く自責し反省しています。当社も所属アーティストが個人的な時間にも、防疫上の注意事項を守ることができるよう、
徹底的に管理し指導できなかった点、申し訳なく思っております」と述べた。

さらに「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるために努力しておられる医療陣および防疫要員の方々、ボランティアの方々など、最善を尽くしておられるすべての方々の苦労が無駄にならないように、防疫上の注意事項の教育と指導にさらに努めます」と付け加えた。
(写真:ユンホのインスタグラムより)


このニュースを見たネットユーザーたちは「びっくりしたよ。残念だけどきっと挽回してくれると信じてる」「番組降板になっちゃうのかな…」「きちんと守ってほしかった。でもインスタグラムみてユノの気持ちは伝わってきた。これからも変わらず応援します」「規則が決まっているならそれを守らなかったユノが悪いと思う。でもユノが好きな気持ちも応援する気持ちも変わらない。これからの
ユノにも期待してる」など、様々な意見が飛び交っている。

ユンホは9日、自身のインスタグラムに真っ白な画像と共に謝罪文を掲載した。

KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!