ENHYPEN ゴールドディスク認定!そしてオンラインショーケースで初披露された日本オリジナル曲「Forget Me Not」のパフォーマンス映像公開!

ENHYPENの日本デビューシングル『BORDER:儚い』が出荷量35万枚以上を記録し、日本レコード協会が発表した2021年7月度の「ゴールドディスク認定作品」にプラチナ認定された。


プラチナ認定発表と同日に、7月13日(火)に行われたオンラインショーケース「ENHYPEN online showcase」で初披露された日本オリジナル曲「Forget Me Not」のパフォーマンス映像が公式youtubeチャンネルで公開された。

(写真 ENHYPEN公式Twitterより)



今回の「Forget Me Not」のパフォーマンス映像は、CD購入者の中から抽選で選ばれたENGENE(*ファンの呼称)しか見られなかったことから、SNS上ではこの公開に喜ぶ声がたくさんあふれた。


「Forget Me Not」はテレビ朝日系列で現在放送中のアニメ「RE-MAIN(リメイン)」のオープニング主題歌に起用されている、日本オリジナル曲。疾走感あふれるさわやかな曲調で、夏にぴったりの曲だ。


このパフォーマンス時のセット背景が海と空の景色だったことから、これは唯一の日本人メンバーであるNI-KIの出身地岡山県のとある駅ではないか、という考察も生まれ、まるでメンバーが電車で日本を旅しているかのような演出に多くのENGENEがSNS上で「感動した」「楽しそうに歌っているメンバーが最高だ」「スタンドマイクを足で立てる演出がかっこいい!」と盛り上がった。



KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!