作詞作曲・振付・ジャケットやMV制作など多才なVERIVERY(ヴェリヴェリィ)、韓国6th Mini Album「SERIES 'O' [ROUND 2 : HOLE]」発売!


2作連続で米ビルボード“ワールドデジタルソングセールスチャート”1位!前作の「Get Away」では7ヶ国のiTunes K-POPチャート1位も獲得するなど世界からの注目度も高まっているVERIVERYが SERIES ‘O‘の続編・ROUND2を発売!


6th Mini Album 『SERIES 'O' [ROUND 2 : HOLE]』 

2021.8.23 Release


もう一人の私、闇に閉じ込められる。 SERIES ‘O’ [ROUND 2 : HOLE]

各自が持っている暗い内面の空間(O)を発見し、その闇をどのように活用するかについての敍事の始まり [ROUND 1:HALL]を経て、2021年夏、[ROUND 2 : HOLE]でカムバック。 [ROUND 2 : HOLE]は、一人ずつクエストをクリアしていくかのように、デスゲームのように展開されるストーリーの緊張感と闇の中に深く吸い込まれていくスピード感まで加わり、SERIES ‘O’プロットの頂点を見せる予定だ。前回のアルバムで闇空間の中の甘い狂乱のパーティー会場へVERIVERYを招待した存在がぼんやり表れた中、向き合いたくなかったその登場によって次第にVERIVERYの存在はぼやけていき、各自の空間に閉じこめられ、たちまち闇に蚕食される。


7つの空間に閉じ込められたVERIVERY、‘ホラーVERI’のカムバック

今回のアルバムでは、‘閉じ込められる’という一つの単語から派生した二つの意味を見せる。7つの部屋に閉じ込められたVERIVERYを見る全知的な観察者視点のLOCKムードと、水を使った演出で次第に闇に閉じ込められていく(蚕食されていく)SINKムードまで、VERIVERYの姿を通じて今回のアルバムのメッセージを多義的に表現する。ジャケットでは、ゲームの中の実験体を連想させるホワイトカラーの衣装と、一層成熟し男らしい雰囲気が漂うワークウェアで各メンバーが持つ独立的な魅力を強烈に見せる予定だ。


ダンス

今回のパフォーマンスは全体的に大きな変化を見せる。これまで見せてきたダンスとは違った印象を与えるため力強く男らしい雰囲気を増やし、ヒップホップベースと歌詞を直観的に表現するポイントダンスが調和をなして新たに構成される。VERIVERY特有の精巧なダンスを完成させるパワフルさは、徐々に発展するパフォーマンスのポテンシャルを爆発的に見せるだろう。


ミュージックビデオ

前作「Get Away」で登場した覆面をつけた未知の存在が顔を表す予定で、手に負えず大きくなる闇に為す術をなくすメンバー達の混乱を盛り込む。‘ホラーVERI’の名声に相応しい冷ややかな感じの演出は、VERIVERYの夏を待っていたファン達へまた違った緊張感と楽しさを与える。特に、ミュージックビデオの中に隠されたオブジェの意味と、前回のアルバムからの敍事の延長戦を探し解釈する楽しみもあるだろう。



[Track.List]

1. TRIGGER

作詞:ジョ・ユンギョン、ソ・ウンジョン(LALALA STUDIO), Harold Philippon 作曲:Harold Philippon, Strong Dragon

2. Underdog

作詞:ジョ・ユンギョン、カン・ウンジョン、Dr.JO、チェリ、イ・イジン(153/Joombas), danke

作曲:Moa “Cazzi Opeia” Carlebecker, Gabriel Brandes, arcon, フィチャン(Coke paris)

3. Prom

作詞:ドンホン、ケヒョン、ヨンホ、ヨンスン 作曲:ドンホン、ケヒョン、ヨンホ、ヨンスン、フィチャン(Coke paris)

4. Heart Attack

作詞:カン・ウンジョン、イ・スラン、チェ・ジユン(153/Joombas), Jimmy Claeson

作曲:Jimmy Claeson, Strong Dragon


プロフィール

ボーイズグループ「VIXX」を輩出したJellyfish Entertainmentから2019年1⽉にデビューを果たした 7⼈組ボーイズグループ「VERIVERY (ヴェリヴェリィ)」。メンバーは【ドンホン、ホヨン、ミンチャン、ケヒョン、ヨンホ、ヨンスン、カンミン】の7⼈で構成され、グループ名は 「”VERI”=“真実”を意味するラテン語」と 「”とても/本当に”=“VERY”」からなる造語で⾃分たちの真正な本当の姿を⾒せようという抱負が込められている。

VERIVERYは、楽曲制作やダンスの振付はもちろん、アルバムのジャケットや映像に⾄るまで⾃らの⼿で制作する新しい “クリエイティブアイドル=DIYアイドル”であり、⾒せたいコンテンツを⾃ら創造しファンへ発信していく。また、SNSでは事務所の公式アカウントとは別にメンバーアカウントが存在し、メンバー⾃⾝が⽇々メッセージを発信しながら、ファンとのコミュニケーションにも特に積極的なグループである。

2020年にはK-POPバトル番組「Road to Kingdom」(Mnet)に出演。グループのダンス⼒とパフォーマンス⼒が認められ、多くの注⽬が集まった。また、2020年より米ビルボードの“デジタルソングセールスチャート”ランクインや “ワールドデジタルソングセールスチャート”の1位、世界複数国のiTunes K-POPチャートでも1位を記録し、海外からの注目度もさらに高まっている。

⽇本では、2019年に「KCON 2019 JAPAN」で初来⽇を果たすと、同年7⽉・11⽉と⼆度の単独イベントを開催。2020年2⽉には⽇本での公式ファンクラブも発⾜した



VERIVERY Official Fanclub 「VERRER JAPAN」 https://verivery.jp/

VERIVERY 日本公式Twitter ︓ https://twitter.com/the_verivery_jp (@the_verivery_jp )

VERIVERY 韓国公式Twitter ︓ https://twitter.com/the_verivery (@the_verivery )

VERIVERY メンバー Official Twitter ︓ https://twitter.com/by_verivery (@by_verivery )



KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!