チャン・グンソク、4年ぶりに「 今夜くらべてみました 」出演!こだわりの自宅キッチン初公開

俳優チャン・グンソクが約2年間の兵役代替勤務を経て、4年ぶりに「 今夜くらべてみました 」に出演し、新居を初公開、2つある豪華キッチンを披露した。

(写真:チャン・グンソク公式Twitterより)



9月15日放送「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」に、2年程前に引っ越した韓国の自宅からリモート出演、この日のテーマ「こだわり過ぎたおうち飯ライフ」ということで、超料理男子のチャン・グンソクのこだわりが詰まったキッチンを紹介した。


およそ30㎡の第1キッチンは、カウンターテーブル付きで、コンロは入居前からこだわり、IHコンロ3口とガスコンロ5口計8口の二刀流。友達から急に連絡があっても5分以内に料理が作れるように豊富な食材を取り揃えるため、冷蔵庫はなんと6台所有!!


メイン冷蔵庫は、ちょっとした業務用並みの約1000リットルサイズ。身長182cmのチャン・グンソクより大きく、韓国では一般的な左側が冷凍庫、右が冷蔵庫という作りになっている。漬物や作り置きのコールスローに加え、パッパッと作れるジャジャンミョン(ジャージャー麺)や、ラーメン、中華麺、そば、と麺類を豊富にストック。辛い物好きなため、世界の唐辛子をコレクトしており、タイの唐辛子やベトナム産韓国唐辛子も揃えている。


また、マヨネーズは5種類常備。明太子マヨネーズ、大好きだというキューピーマヨネーズ、オリジナルマヨネーズ、トリュフマヨネーズと、バリエーション豊かなラインナップがドアポケットに並んでいる。


キッチン手前には、ビルトインのお肉用冷凍庫。豚のドンマホーク(骨付きのマンガ肉)やダイエット時用の脂身の少ない仔牛、炊き込みご飯や肉じゃがにも使えるサムギョプサルなどが好物のお肉を大量にストック。引き出しにぎっしり入っている。


他に、飲み物用冷蔵庫、ワイン専用冷蔵庫に、韓国の家庭には必ずあるキムチ専用冷蔵庫が2つ。どんな料理でもすぐ作れるようにそろえた130種類以上の調味料やオイル類に囲まれ、「幸せでーす」と満面の笑みを見せた。


さらに料理好きが高じて、隣に推定50㎡の来客用の第2キッチンルームを新築。

全長5mのオールステンレスキッチンや、こだわりぬいた調理器具が並んでいるだけでなく、仕事スペースを併設し、作曲アイテムや超高級スケルトンピアノ、愛用ギターなどが備えられた夢のような空間となっている。

(写真:「 今夜くらべてみました 」公式インスタグラムより)



この日、自宅に招いた親しい音楽関係者に、チャン・グンソクが手際よく腕を振るったメニューは、ナスとひき肉の混ぜご飯、キムチチゲ、サーロイン牛のステーキ。 豚の首の部分(豚トロ)をオーダーしたひき肉を、ラー油ベースのピリ辛中華調味料ローカンマで炒めた「なすとひき肉の混ぜご飯」は、今シーズン1の自信作。


「グンちゃん秘伝のキムチチゲ」は、匂い消しとまろやかさがアップさせるため、隠し味に米のとぎ汁を使う。「サーロインステーキ」は、ゲストの目の前で焼き、味付けはマジックソルトのみ。絶大な信頼を寄せている魔法の調味料だという。


また、最近は外食がままならないので、月に一度友人達と、海外をコンセプトに海外料理を楽しんでいる。「焼き鳥」の日は、自らハッピ風の調理着を着て、焼き鳥屋さんにあるようなポスターまで貼り、雰囲気にもこだわったが、煙が出すぎて、焼き鳥が丸焦げに…。サービス精神旺盛なチャン・グンソクらしい一面も見せた。


そして、お気に入りの調理器具を「グンちゃんショッピング」さながらに紹介。日本製のカセットガス炉端焼き器で、肉などの焼き物を焼くと、日本の味、火の味がすると大絶賛。韓国のネットで購入した煙も臭いもでないフライパンや、ワッフルはもちろんサムギョプサルなども焼けるワッフルメーカー、お一人様焼き肉にも重宝な溶岩石プレートなど、愛用調理器具を紹介した。


SNSでは、ファンはもちろん一般視聴者からも

「炉端焼き器、届いた!使うの楽しみ〜」「スーパーでグンちゃんとお揃いの調味料買って来た!!」「日本語の冗談にすぐ反応出来て、すごい!レベチ!」「ツッコミと間が天才的!」「日本語もお料理もうますぎ!!」「グンちゃんに、おもてなしされたい〜」「グンちゃんの幸せそうな笑顔を見れて、私も幸せでーす」と話題になった。


さわやかなビジュアルはもちろん、通訳なしでバラエティ番組に出演し、堪能な日本語とセンス溢れるツッコミも見せ、さすがのタレント力を発揮した。チャン・グンソクの今後の活躍が楽しみである。



KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!