《レポート》韓国っぽいホテルと話題!鶯谷の「LANDABOUT」でホカンスを楽しむ♪

2020年1月、ライフスタイルホテルとして誕生したホテル「LANDABOUT TOKYO」が、韓国好きの女の子たちの間で「韓国っぽいおしゃれなホテル」と評判なので、さっそく取材に向かいました。


LANDABOUTのビルは、JR山手線の鶯谷駅南口から徒歩3~4分、東京都道319号沿いに建ち、エントランスを入るとカフェラウンジ「LANDABOUT Table」が迎えてくれます。


LANDABOUTの名称はRoundabout(=環状交差点)に由来しています。


LANDABOUTは、世界中の人々が集い、今この瞬間を共有する喜びを分かち合う交差点のようなホテルをイメージして、過去と現代、ローカルとグローバル、あらゆる要素がミックスされた鶯谷という街で、東京の本当の魅力との出会いを演出するホテルです。


★鶯谷というロケーション

鶯谷(根岸・入谷)エリアは、江戸から明治にかけては正岡子規人をはじめ、文人の集う風雅な土地として知られていました。昭和においては終着駅である上野駅付近の上京者の旅館街、歓楽街として栄えました。

そして現代では、古い建物を活用したカフェやゲストハウスなどの新しい動きが始まり、まちづくりの動きも活発になっているエリアです。山手線の鶯谷駅からのアクセスの良さと、上野公園、浅草、谷根千エリアに囲まれるこの地は、江戸・東京の古き良き風情と現代の新しさを兼ね備えた街として、今また日本中、世界中の人々が集い語らう町として注目されています。



フロントはホテル2Fにあります。目に飛び込んでくる印象的なネオンサインには「A LITTLE BIRD TOLD ME」。日本語で「風のうわさで聞いた」という意味で、そこには旅人や地域の方から噂のように広がり、多くの人たちにLANDABOUTを利用して欲しいという想いが込められています。


そして、エレベーターのピンク、階段のミントグリーンの組み合わせが「韓国っぽい」と言われるポイントなのかもしれません!

エレベーターを最上階の15Fで降りると、TERRACEの表示が。


ドアを開けると庭園があらわれ、目の前には東京スカイツリーが見える絶好のビューポイント!取材日はあいにくの曇り空でしたが、晴れの日はかなり気持ちがいいこと間違いなし!




★ROOM(15F)

定員2名広さ20㎡の部屋にクイーンサイズのベッド (1630×2050)。シックでコンパクトな機能的デザイン。部屋から続くテラスが広く、スカイツリービューも楽しめます。

<AMENITY >

シャンプー、リンス、ボディーソープ、ハンド&フェイスソープ、歯ブラシ、コップ、コットンセット、カミソリ、ヘアドライヤー、ファブリックスプレー、スリッパ、ハンガー、ルームウェア


バスルームのシャンプーの容器も、LANDABOUTのスタイリッシュなデザイン。



★カフェ&レストラン

1Fのレストラン「Table」は、階段を数段降りたところに。壁を飾るアート、シンプルなテーブルが落ち着いた空間です。


友人と過ごすランチ、ちょっと遅く起きたゲストが次の旅を考えながら味わうコーヒー、スイーツを食べながら楽しむ読書。それぞれが思い思いの時間を過ごし、ほんの少し心が休まるような一時が味わえる、そんな午後を過ごす場所。

壁には、LANDABOUTの想いが記されています。



“Let us dine together” 一緒に食べよう

私たちの場を通じて生まれてほしい、いくつかの出来事をこのシンプルな言葉に込めました。ひとつは、今ここに「一緒に」いることの喜びをわたしたちの食事と空間を通じて感じてほしいということ。大切な人たちと一緒に。たまたま居合わせた旅人や地元の人と一緒に。大人数で食べても、一人で食べても、今この空間を共有しているということの特別さ。押し付けがましくはなく、それでいて目があったら微笑んでしまう。そんな時間の喜びを感じられることこそ、お店の醍醐味だと思っています。


もうひとつは、目の前にある食べ物としての食事だけでなく、その背景や生産者の思いも「一緒に」食べてほしいということ。ただ喉を通り過ぎるだけの食事もあれば、一生忘れられない思い出になる食事もあります。折角の食事との出会いを、寂しいものにしたくない。そのためにも、わたしたちがあつかう食材は、生産者がどのような思いで作っているかを知るために、なるべく生産者のもとを訪れ話を聞いています。


その思いを食事を通じて伝えることで、皆様が食と向き合うきっかけを提供したいと考えています。お客様も、食材の生産者も、そして提供する私たちも、ひとつのテーブルを囲むように楽しみたい。

Let us dine together


「LANDABOUT TOKYO」はデザインの細部に至るまでこだわりを持ったスタイリッシュなホテルだけど、決して気取っているのではなく、いつでもウェルカムなぬくもりを随所で感じることができる、丁寧なやさしさの込められた魅力的なホテルでした。


まずは気楽に、ランチタイムやコーヒーブレイクで訪れてみてください。ホテルの部屋もテラスもレストランも、気分をリフレッシュさせてくれます!



アクセス

〒110-0003 東京都台東区根岸3-4-5

Tel/Fax : 03-6802-4431

JR山手線「鶯谷駅」、南口より徒歩4分

東京メトロ日比谷線「入谷駅」、2番出口より徒歩7分


CAFE 10:30-17:00

DINNER 17:00-21:00 (Lo.20:00)

BAR 17:00-21:00

(photo&text:Kiyori Matsumoto)

KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!