韓国人のパワーワード「ヒョン(兄)」、挨拶がわりの「ご飯を食べましたか?」の意味は?集英社新書『韓国カルチャー 隣人の素顔と現在』(伊東順子・著)1月17日発売。

韓国カルチャーが世界で人気を得る、その理由は?韓国人にとってのパワーワード「ヒョン(兄)」の意味は? 一般富裕層とは違う、財閥の役割とは? 挨拶がわりの「ご飯を食べましたか?」が持つ意味は? 


本書で取り上げるのは、小説・映画『82年生まれ、キム・ジヨン』、ドラマ『サイコだけど大丈夫』『愛の不時着』『梨泰院クラス』『Mine』『SKYキャッスル』『賢い医師生活』、映画『南部軍』『ミナリ』『タクシー運転手 約束は海を越えて』、小説『もう死んでいる十二人の女たちと』『こびとが打ち上げた小さなボール』『野蛮なアリスさん』など……。近年話題となった小説、ドラマ、映画などのさまざまなカルチャーから見た、韓国のリアルな姿を考察する。


内田樹氏 推薦

「映画やドラマを見て、そこそこ隣国のことをわかった気持ちになっていたけれど、この本は韓国のほんとうにわかりにくいところ、『字幕にできない』ことをていねいに教えてくれる」


主な内容

・キム・ジヨンはなぜ秋夕の日に憑依したか?

・治癒のための韓国料理、チャンポンとテンジャンチゲ

・日本とほぼ同時期に始まった、北朝鮮の韓流ブーム

・男の友情を南北関係に重ねる、パワーワードとしての「ヒョン(兄)」

・性的マイノリティと梨泰院

・『ミナリ』は『パラサイト』とは真逆の映画かもしれない

・財閥ファミリーの結婚

・3年前に大ヒットした、もうひとつの「上流階級ドラマ」

・悩める40代、エリート医師たちはどんな人生を選択するのだろう?

・自分が属するステータスを表す「住まい」

・チョンセの起源とその功罪


著者プロフィール

ライター、編集・翻訳業。愛知県生まれ。1990年に渡韓。ソウルで企画・翻訳オフィスを運営。2017年に同人雑誌『中くらいの友だち――韓くに手帖』」(皓星社)を創刊。著書に、『もう日本を気にしなくなった韓国人』(洋泉社新書)、『ピビンバの国の女性たち』(講談社文庫)、『韓国 現地からの報告――セウォル号事件から文在寅政権まで』(ちくま新書)など。


書籍情報

書名:韓国カルチャー 隣人の素顔と現在

発売日:2021年1月17日(月)

著者:伊東順子(いとう・じゅんこ)

定価:946円(10%税込)

体裁:新書版

ページ数:256P

ISBN:978-4-08-721199-3

http://shinsho.shueisha.co.jp/

KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!