Stray Kids、大規模ワールドツアーの追加公演が韓国・ソウルにて開催! 「夢に見てきた瞬間が現実になりました!」

今年3月にリリースしたMini Album『ODDINARY』が、K-POP史上3組目の快挙となる、米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録、iTunesでは世界56の国と地域で1位を獲得するなど、全世界から注目を集める“次世代No.1ボーイズグループ”Stray Kids(読み : ストレイキッズ)が、ワールドツアーの韓国・ソウル追加公演を開催した。


Stray Kidsは、9月17日(土)、18日(日)の2日間にわたり、韓国・ソウルの「KSPO DOME」にて大規模なワールドツアーの追加公演「Stray Kids 2nd World Tour "MANIAC" Seoul Special (UNVEIL 11)」を開催した。


今回の公演も、チケット一般発売後に即ソールドアウト。Stray Kidsは、世界9都市19公演を巡るワールドツアーの本公演から、今回の追加公演2公演まで、なんと全ての公演がソールドアウトするという快挙を達成した。


約4時間にもわたるライブは、「MANIAC」、「Back Door」、「Thunderous」、「God's Menu」など彼らの代表曲をパフォーマンスしただけでなく、10月7日(金)にリリースとなるMini Album『MAXIDENT』の収録曲も世界初披露するなど、計29曲をパワフルに歌い上げた。


フィリックスは「これまで夢に見てきた瞬間が現実になりました。皆さんと目を合わせていると、本当に夢ではないということが実感できます。この夢を叶えてくれたSTAYはいつも僕たちの1番の存在です!」と、胸いっぱいの想いを伝えた。


Stray Kidsは来月10月7日(金)、タイトル曲「CASE 143」をひっさげて、New Mini Album『MAXIDENT』をリリースする。


すでにYouTubeにて公開されたアルバムのマッシュアップ映像「Stray Kids <MAXIDENT> Mashup Video」が話題を呼んでおり、さらに今作は、これまで楽曲制作を主に手掛けてきたメンバー、バンチャン、チャンビン、ハンの3人だけでなく、なんとリノ、ヒョンジン、フィリックス、スンミン、アイエンまでメンバー8人全員が楽曲制作クレジットに名を連ねていることも話題となっている。


(写真提供:JYP Entertainment)


■Stray Kids <MAXIDENT> Mashup Video

https://youtu.be/eR9L0op0YLo

■Stray Kids "MAXIDENT" Trailer

https://youtu.be/3l0Ts4K4-aU 

■Stray Kids 「CIRCUS」 配信はコチラ

https://straykids.lnk.to/dUnYQIRy 

■Stray Kids 『CIRCUS』 Music Video

https://youtu.be/jW-bkbSWb4A 

■Stray Kids 『Your Eyes』 Music Video

https://youtu.be/A8CmtzdnjG8 


■Stray Kids JAPAN Official Site : https://www.straykidsjapan.com

■Twitter : Japan Official Twitter : https://twitter.com/stray_kids_jp 

■Instagram : Japan Official Instagram :

https://www.instagram.com/straykids_official_jp/

■TikTok : Japan Official :

https://www.tiktok.com/@straykids_japan

■Stray Kids Japan official YouTube :

https://www.youtube.com/channel/UCXhj2pPWvONXmvgHX5wllCA 

■Stray Kids Official FANCLUB :

https://skz-stayjapan.com/s/n104/page/about_main


■Stray Kids (ストレイキッズ)

Stray Kidsは、2017年に韓国で放送されたサバイバル・リアリティ番組「Stray Kids」からデビューを果たしたJYP Entertainment所属のK-POPボーイズグループ。

2018年3月にミニアルバム『I am NOT』でデビューを果たした彼らは、メンバー自ら作詞・作曲・プロデュースを手掛けるなど、非凡な才能をもったグループとして大きな注目を集め、2019年には異例の「新人賞 11冠」を達成した。同じく2019年、アジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパを巡るワールドツアーをK-POPアーティスト最速クラスで敢行し、全13公演をソールドアウトさせた。

そして日本では2019年12月に代々木第一体育館にて行われた『Stray Kids Japan Showcase 2019 “Hi-STAY”』でも大きな成功をおさめ、2020年3月待望の日本デビューを果たす。2020年4月より日米韓をはじめ世界各国で同時公開されたアニメ「神之塔 -Tower of God-」のオープニング曲及びエンディング曲を担当するという異例のWタイアップを実施し、6月に発売したJAPAN 1st Single『TOP -Japanese ver.-』は、海外男性アーティスト史上4組目となるオリコン週間ランキング1位を獲得した。

同じく、2020年の米TIME誌「The 10 Best Songs of 2020」に「Back Door」が、K-POPとして唯一ノミネートされ、日本でも「第35回日本ゴールドディスク大賞」にて「ベスト3・ニューアーティスト(アジア)」を受賞。

さらに、2021年、世界中が熱狂したサバイバル番組「KINGDOM:LEGENDARY WAR」で堂々優勝を果たし、K-POPボーイズグループの新たな頂点に輝いた。2021年6月に韓国にて発表した配信シングル『Mixtape : OH』はビルボードのワールドデジタルソングセールスチャートで1位を獲得、同年8月にリリースしたアルバム『NOEASY』はJYP Entertainment制作のアルバムで史上初のミリオンセラーを記録。さらに今年3月にはMini Album『ODDINARY』が、K-POP史上3組目の快挙となる、米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録、iTunesでは世界56の国と地域で1位を獲得するなど、今、全世界からの注目を集める“次世代No.1ボーイズグループ”。

“Stray Kids”というグループ名の“Stray”には、古い伝統や形式、システムを打ち破り、そこから抜け出すという意味が込められている。

メンバー構成もバンチャンが中心となり選出するなど、セルフプロデュース能力も大きな魅力となっている。

KpopStarz日本語版 Smashing!

NY発のKpopニュースサイト《KpopStarz日本語版》公式WEBサイト「Smashing!(スマッシング)」。 オリジナル企画・独占取材を中心に、カフェやコスメなど幅広くKpopカルチャーのトレンドをフォーカス!